名古屋市天白区でぎっくり腰、骨盤矯正などの治療といえばなぎさ接骨院。

姿勢矯正・骨盤矯正

姿勢矯正

姿勢矯正

姿勢を整えると、身も心も運も上向きになります!
今の姿勢は、これまでの人生の積み重ね。自分ではなかなか直すことができないです。
胸を張っても、背筋を伸ばしても、姿勢は良くなりません。
それらは「原因」ではなく、「結果」にアプローチをしているからです。
一人一人生活習慣は違います。悪い姿勢になってしまった原因も違ってくるため、無理に「見た目だけが綺麗な姿勢」に近づけても意味がないです。
姿勢が悪くなった原因が自分でわからないと思います。悪くなった原因を見極め的確な施術を行うことで姿勢はよくなります。
患者様に改善の運動を指導していますので、施術で改善へ導き、キレイな姿勢へと導きます。
当院の施術はボキボキしない施術を行います。全身を施術することによって姿勢がよくなります。

骨盤矯正

骨盤矯正

当院の骨盤矯正

当院の骨盤矯正

当院はボキボキしない施術を行います。
骨盤は上半身の体重を支え、大切な内臓を入れる器です。
女性の骨盤は歪みやすく、年齢とともに開いていきます。また、日頃の悪い姿勢の積み重ねが大きな要因になってきます。骨盤が歪んで広がってしまうと、内臓が本来あるべき位置から下がり、胃に大きなスペースができてしまいます。いくらでも食べても太らない人は、内臓が下垂しているのかもしれません。
骨盤の歪みが下半身の血行を悪くさせ下半身のむくみや冷え性の原因にもなります。「上半身に比べて脚が太い」と悩んでおられる方は、骨盤が歪んでいる可能性も高いです。

骨盤矯正の効果

骨盤矯正の効果

骨盤の歪みを矯正することで美しい姿勢が保てるようになり、血液やリンパ液の流れが改善されます。
新陳代謝もあがり脂肪燃焼にもつながります。特に女性にとっては、子宮や卵巣に負担がかからなくなり、女性ホルモン作用が正常に戻るため、肌荒れの解消も期待できます。

産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正

産後のお母さんの体は、育児に追われるがあまり放っておきがちになりますが、ご自身や周囲が思っている以上に大きなダメージを受けています。特に一度開いた骨盤が自然と妊娠前の状態に戻ることはまずありません。帝王切開を経験された方ならなおさらです。出産後の育児を快適に行えるように自分自身のケアをはじめてみませんか?

産後骨盤矯正と通常の骨盤矯正の違い

産後骨盤矯正と通常の骨盤矯正の違い

産後の骨盤矯正は通常の骨盤矯正と大きく異なってきます。
通常の骨盤矯正は、日常生活の中のさまざまな原因によって上下・左右に歪んでしまった骨盤のずれを治したり、負担のかかってしまった筋肉などの緊張をほぐし、本来骨盤があるべき位置に戻すことが目的です。
一方で、産後の骨盤矯正は、妊娠や出産に伴う骨盤の開きや腹筋の広がりなどを正すことが目的です。
妊娠5~6ヶ月頃になると子宮が小骨盤から大きくせり出し、骨盤内部の圧力が高まり、骨盤上部が徐々に開き始めます。
陣痛が始まると、骨盤のみならず全身の靭帯が弛緩し、赤ちゃんが産道を通りやすい状態になります。
そして出産時赤ちゃんは4回転しながら頭から出てくるため、お母さんの骨盤に掛かる負担は大変大きなものになります。赤ちゃんの頭は狭い産道を通って出てくるために圧で頭が変形するのですが、同様の圧をお母さんの骨盤も同時に受けています。本来逆三角形である骨盤四角形になり、回転しながらの圧が左右の骨盤にかかることで、骨盤のずれが生じるのです。また、腹筋も左右に大きく広がりうまく使うことができなくなります。
出産後骨盤は一気に閉じますが、1ヶ月~1ヶ月半ほどは骨盤の骨と骨をつなぐ筋が非常に弱い状態になっています。この時期の悪い姿勢は、強い歪みを作ってしまう原因になりますし、歪んだままにしてしまうと、将来的にさまざまな症状が出たり、次の出産でつらい症状が出ることがあります。産後は早めに骨盤をケアすることが大切なのです。

産後骨盤矯正の重要性

産後骨盤矯正の重要性

出産後骨盤体操や骨盤ダイエットなど色々な方法で体型を戻そうと頑張っても、肝心な骨盤が開いたままでは体重は減ったとしても体型までは戻らないです。産後太らなかった方でも太りやすい骨格になってしまいます。
初産の時は体重がすぐに戻って痛みも無かったのに、二人目の時は体重も戻らず痛みが出たといった方が多いのは、最初の出産で骨盤が歪んだままになってしまっていたためです。